なぜ、自分で設立するより安いの?|大阪の会社設立なら夢工房

大阪会社設立夢工房

お電話06-6208-6230

メールでのお問い合わせ

ホーム
大阪会社設立夢工房概要
代表ご紹介
スタッフご紹介
費用
お問い合わせ

なぜ、自分で設立するより安いの?

ご自身で設立 会社設立夢工房で設立
定款認証印紙代 40,000円 0
定款認証手数料 52,000円 52,000円
登録免許税 150,000円 150,000円
司法書士手数料 10,000円 (税務顧問契約の場合)0
当社手数料 0円 (税務顧問契約の場合)0
合計 252,000円 202,000円

消費税別途)

上記の表からわかるように、ご自分で会社を設立されると、逆に費用が高くなる原因が「定款認証印紙代」にあります。

つまり、ご自分で定款を作成し、公証人の認証を受けようとした場合には、4万円の収入印紙が必要となります。しかし、大阪会社設立夢工房では電子定款を採用しているため、その4万円が必要なく、しかも、いただく手数料を無料としているため、当事務所に依頼した方が安上がりになるのです。

また、通常は上記に加えて、税理士や司法書士などの専門家に依頼すると3万円~10万円の手数料がかかりますが、大阪会社設立夢工房では、税理士、司法書士、社労士、行政書士が完全連携していますので、税務顧問契約をすると手数料が無料です!

設立業務をご自分で行えたとしても、今後は1年ごとの決算期に決算書を作成し、税務署に申告しなければなりません。決算書作成や税務申告には、記載すべき事項も多く専門的な知識が必要です。そして、利益が出ていてもいなくても、税務や財務のアドバイスがあれば安心です。設立時に顧問契約をしていただくと、決算期前になってあわてて税理士さんを探すことなく、設立から一貫してサポートいたしますので安心です!

電子定款を利用すると紙の定款を利用するより4万円もお得です

これまで、定款は紙で作成し、公証人役場で認証してもらうという方法でした。しかし、現在はCDなどの電子媒体(PDFファイル)での認証もできるようになりました。これを「電子定款」と言います。この「電子定款」を利用すると、定款認証時に必要な「印紙代4万円」が不要となり、会社設立時にかかる費用を節約することができます。

「電子定款」というと、インターネット上で認証ができ、完結するようなイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、認証を受けるには、従来どおり公証人役場に出向くことが必要です。電子定款制度は、定款認証を受けるときの媒体が紙ではなく、電子文書が使えるようになったという意味です。

具体的には、作成した定款をPDF化し、作成者がJCSIの電子証明書で電子署名をし、それを法務省のオンライン申請システムを会し、公証人役場に送付するということになります。定款認証時には、PDF化した定款に電子署名を付し、そのファイルをプリントアウトし、CDと一緒に公証人役場に提出する必要があります。

電子媒体は文書の扱いではなくなるため、、印紙税法で非課税となり、印紙代の負担がなくなります。
「電子定款」を作成する場合、電子証明書の取得や特別なソフトの購入などで、約6万円前後の費用がかかるため、個人で手続きをするのは現実的な方法ではないと思います。
私ども中川公認会計士税理士事務所では、定款の認証作業は、この電子定款を利用しますので、低コストで会社を設立することができます。

会社設立夢工房へお電話でのお問い合わせ
お問い合わせ

お問い合わせ

大阪税理士法人AIO
おおさか税務法務パートナーズ
会計事務所のフランチャイズチェーンQ-tax大阪中央淀屋橋店
相続税申告、相続税対策はプロフェッショナルの相続解決相談所にお任せください
税務情報満載のG-Wipメールマガジン登録はこちら
あなたの会社応援しますTKC全国会